なのぼ~ど V1.2の作り方

なのぼ~ど V1.2(2011年12月以降分)の作り方を説明します。

なのぼ~ど レイアウト

なのぼ~ど レイアウト

●実装順の部品リスト

順番 個数 値      部品名
—————————————————–
1    3   330(1K)    抵抗(茶黒赤)  1/6W
2    2   1.8K  抵抗(茶灰赤)  1/6W
3    3   10K   抵抗(茶黒オレンジ)  1/6W
4    2   100K  抵抗(茶黒黄)  1/6W
5    1    1N4148?? ダイオード D1
6    6   0.1uF セラミックコンデンサー
7    1    12M  水晶 発振子
8    1    ミニB  USB コネクター
9    1   MIC   9.7mm マイク
10   1   CDS 5mm 光センサー
11   1   PUSH SW スイッチ
12   1   LM358  オペアンプIC
13   2   47uF   電解コンデンサー
14   1   10K x 8 集合抵抗 8素子
15   1   LED 5mm 高輝度発光ダイオード
16   4   端子台  5,08mmピッチ
17   1   VR 50K-B スライダー

————————————————————
プリント基板には、ATmega8と PL-2302HXが実装されています。

背の低い部品から、極性に注意して実装します。

プリント基板のランドが小さく、パターンも細いので、はんだづけ後の修正は

基板を傷めやすいです、間違えないように部品を実装してください。

-

1)抵抗1K  (茶黒赤)? 3本、極性はありません。

1) 1K 抵抗(茶黒赤)

-

2)抵抗1.8K  (茶灰赤)? 2本、極性はありません。

assy-1k5

-

3)抵抗10K (茶黒オレンジ) 3本、極性はありません。

assy-10k

-

4) 抵抗100K(茶黒黄)? 2本、極性はありません。

assy-100k

-

5)   ダイオード、 極性に注意!

assy-diDSC08923
-

6)0.1uF セラミックコンデンサー 6本、極性無し

assy-c104

-

7) 12MHz 水晶 発振子、極性無し、1mmぐらい浮かします。

assy-X12MDSC08924

-

8) ミニB USB コネクター  ピン間隔がせまいので、作業しやすいように基板の向きを変えながら、はんだは少なめに。

assy-usbconDSC08927

-

9)  マイク 極性あり、シルクどおりに実装します。

assy-mic
-

10) 光センサー  CDS 、極性なし、5mmほど浮かします。片方はんだづけして、表面の位置を整えます。

assy-cdsDSC08934
-

11) PUSH SW スイッチ、極性なし

assy-sw
-

12) LM358 オペアンプ、極性あり、基板の白丸側が部品の切りかき側。

assy-opampDSC08936
-

13) 47uF 電解コンデンサー 、 極性あり、 基板の白丸側が 長い線+側

assy-c47uf

-

14)  10K x 8 集合抵抗 9ピン、極性あり、基板の白丸印と集合抵抗の印を合わせます。

assy-raDSC09100

-

15) 高輝度 発光ダイオード、 極性あり、 基板の白丸側が 長い線+側

assy-led

-

16) 端子台 4個、スライドしながら連結する。 穴を外側に、向きを間違えないように

assy-tbDSC08946
-

17)  VR 50K-B スライダー  端子を修正してから取りつけ。

assy-vr両端の加工ができたら、基板に挿してみます。外側の足だけ合わない。

刺さらないピンがひとつあります

その足だけを、根元から曲げる

その足を、根元から曲げる

基板に刺さるように先端を曲げる

基板に刺さるように先端を曲げる

他の部品とぶつからないように、スライドできるか確認してから、はんだづけ。

-

これで、完成です! 一息いれてから、間違いが無いか、もう一度確認しましょう。

assy-end

-

なのぼ~ど の使い方は、こどもプログラミングサークル‘スクラッチのサイト’をどうぞ

V1.1