ちびでぃ~の2フルセット作り方

前半から引き続き、フルセットの実装は以下の通りです。

-

chibi2f-layoutb

フルセットの追加部分レイアウト

-

・USBコネクタ(SOFTUSB)、VR(可変抵抗)

・ピンヘッダ

ピンヘッダを折り分けます

電源電圧切替(5-3V): 3ピン、

外部USB電源切替(USBPOWER-DIRECT POWER) 3ピン、

LCD電源極性切替:2ピン x 2

LCD接続端子(LCDにはんだづけ): 7ピン x 2 、

ICSPプログラミング端子(オプションです、含まれません): 3ピン x 2

以上を実装。

1ピンだけはんだづけして、位置を修正してから他のピンもはんだづけします。

-

・ピンソケット

ピンソケット40ピンを、 6ピン x 2 、 7ピン x 2 、 10ピン に、

ピンソケット19ピンを、 8ピン 、 10ピン に切り分けます。
ニッパーで、切り取りたいピンの次のピンの中心をはさんで切り取り、カッターやヤスリで切れ端を整えます。
pcd8-con
切り取ったピンソケットを以下のように実装

1602タイプLCDコネクタ:7ピン x 2 、

arduinoシールドコネクタ: 6ピン x 2 + 8ピン + 10ピン

ICピッチシールドコネクタ: 10ピン

1ピンだけはんだづけして、位置を修正してから他のピンもはんだづけします。

-

chf2s

-

基板の実装は完了です。 一服してから、間違いが無いかダブルチェックしましょう

-

●ATMega328を極性に注意してICソケットに挿す

●VRの調整

VR(半固定抵抗)は、LCDコントラスト調整です。 通常、右に(時計回り)回しきっておきます。

-

●ショートピンの設定

電源電圧切替(5V-3V): 基板内に供給する電源電圧の切替、通常は5Vを設定

3V動作の場合には、USBシリアルチップPL2303HXCが、5Vから3.3Vを生成、最大150mAが供給できます。

3V動作の場合には、消費電流、AVRクロック周波数や、外部デバイス電源電圧に注意します。

-

外部USB電源切替(USBPOWER-DIRECT POWER) :SOFTUSB端子からの電源種類の切替、通常はUSBPOWERを設定。

外部から直接5V以外の電源電圧を供給する場合は、DIRECT POWERに切替える。この場合PL2303には電源を供給しない(USBシリアル端子にPCが接続されている時は供給される)。

-

LCD電源極性切替:1602タイプでは、電源ピンに合わせて設定します。

1pin 5V: ショートピンを2つ横向き

1pin 0V: ショートピンを2つ縦向き

LCDがSC1602BSの場合、上の写真の様にショートピンを2つ横向きに設定

WM-C2002M-1TNNb, TM202ABC (20文字x2行)の場合は、1ピンが0Vなので、ショートピンを2つ縦向きに設定

-

●LCDをコネクタに挿す

●USBケーブルで、PCかUSB電源に接続

LEDが数秒点滅してから、LCDにサンプルが表示されれば、動作OKです。

サンプルスケッチは、こちら。LCDの表示サンプルとして参考にしてください。

-

●PCと接続してarduino環境を使う

*PL2303最新ドライバでは、動作しないケースがあります。PL2303HXA デバイスドライバの注意点をご覧ください

  • ATMega328を極性に注意して挿し、USBケーブルを接続します。 ブートローダーが起動する際にLEDが点滅します。 デバイスマネージャなどから、シルアルポートが認識されていることを確認してください。
  • arduinoIDEを起動して、Tool ? Boardで”Arduino Uno”を設定
  • Tool -SerialPort設定を行なってから、スケッチの書き込みができることを確認してください。

-