ちびでぃ~の2 作り方

●組み立て

実装順パーツリストを参照しながら、以下の手順で背の低い部品から実装していきます。

chibi2-layout15

ちびでぃ~の2 レイアウト

-

・抵抗5本: 330 x 2, 1.5K(1.8K) , 10K x 2

ch2as-r

-
水晶発振子 12MHz, 16MHz の実装
水晶発振子は、基板に密着させないで、1mmぐらい浮かせる。
部品面に厚紙をはさんで、はんだづけするとうまくいきます。
片方だけはんだづけして、高さを調整してから、もう一方をはんだづけすると、きれいに実装できます。

-

・水晶発振子 : 16MHz

水晶発振子は、基板に密着させないで、1mmぐらい浮かせる。

部品面に厚紙をはさんで、はんだづけするとうまくいきます。

片方だけはんだづけして、高さを調整してから、もう一方をはんだづけすると、きれいに実装できます。

ch2as-xt
-
・10pF 2本、 0.1uF 3本
ch2as-c
-
・USBコネクタ、28ピンICソケットの実装
ICソケットは、四角いランドの1番ピンが、ソケットの切りかけ側です。
2つ目のUSBコネクタ(SOFTUSB)は、オプションです。
ch2as-cn
-
・タクトスイッチ、ダイオードの実装
ダイオードは極性極性あり、シルクの白帯と部品の白帯の向きを合わせます。
リード線が太いので、挿してリード線をカットしてから半田付けします。
ch2as-dsw
・100uF(47uF)電解コンデンサ、LED
100uF(47uF) 電解コンデンサ 極性あり、 長い線が基板シルクの白丸(+側)
3mm高輝度赤色LEDは極性あり、長い線が基板シルクの白丸(+側)

ch2as-ledc

●ここから、基本セットの説明になります。 フルセットの説明はこちらです。

・5V電源ジャンパー、ピンヘッダ
電源電圧切替の5V側をジャンパー。
ch2as-JP

ピンソケット
40ピンのピンソケットを10ピン、8ピン、6ピン2つに切りわけます。
ニッパーで、切り取りたいピンの次のピンの中心をはさんで切り取り、カッターやヤスリで切れ端を整えます。
pcd8-con
シールドコネクター部分に、切り取ったピンソケットを実装

ch2as

ちびでぃ~の2 基本キットの組立完成状態

基板の実装は完了です。 一服してから、間違いが無いかダブルチェックしましょう。

-

●PCと接続してarduino環境を使う

  • PCにUSBシリアルPL2023HXデバイスドライバーをダウンロード、インストール。
  • ATMega328を極性に注意して挿し、USBケーブルを接続します。 ブートローダーが起動する際にLEDが点滅します。 デバイスマネージャなどから、シルアルポートが認識されていることを確認してください。
  • arduinoIDEを起動して、Tool – Boardで“Arduino Uno”を設定
  • Tool -SerialPort設定を行なってから、スケッチの書き込みができることを確認してください。

-


__________________________________________________

-

●USBシリアルPL2023HXデバイスドライバーのインストール方法

Windows7以降ではmicroSoftサイトから自動インストールされます。

手動でインストールを行う場合は、こちらのドライバーをインストールしてください。

動作しない場合は、アンインストールしてから、PL2303_Prolific_DriverInstaller_v10518もしくは、PL2303_0508デバイスドライバ単体をインストールしてください。

Mac OS は、こちらのサイトからダウンロードしてインストールしてください。

-

*下記の最新ドライバでは、動作しない場合があります。PL2303HXA デバイスドライバの注意点と、コメント部分もご覧ください

__________________________________________________

-

●Prolific社最新ドライバーのダウンロードサイト

proficdl0

  • ログインしたら、右の”USB Smart I/O controlers”メニューから”USB Serial/Paralell”を選択。

proficdl1

  • PL2302の下にある、”Drivers & Software”を選択。

proficdl2

  • ドライバーダウンロードページの中ほどにある、Windows用やMac用をダウンロードして、インストール。