ちびか~V1.2にアップデートしました。作り方

ちびか~を V1.2にマイナーアップデートしました。

機能は変わっていません。電源スイッチ基板実装、部品削減、現行部品への更新を行っています。-


tc1

-

迷路抜けロボットカー ちびか~ キットを1500円(送料別)で頒布します。

credirbt

障害物をよけて自立走行するロボカーの組立てキットです。 ArduinoIDEやArdublockでプログラミングできます。

ちびでぃ~のやちびギアモータの採用で、同じような製品と比べて、群を抜く低価格を実現しています。

基板のリード部品はんだ付け、モーターや電池ボックスの配線をはんだ付け、数ヵ所のねじ止めで完成します。

parts12

[内容物]

ちびでぃ~のPro(ファーム書込済ATMega8実装済、10KΩx2、0.1uF、100uF、8MHz、LED)、CH340USBシリアルモジュール+ケーブル、(ちびギアモーター+タイヤ)x2、超音波距離センサー、電池ボックス、電源スイッチ、ピンソケット、ピンヘッダ、取付ねじ(1.7×6 4本, 1.4×6 2本 )

(別途、単三ニッケル水素充電池4本が必要です)

-

車体の組立て

車体の電池ボックスの両脇中央に、ちびギアモーターを配置して、2輪走行します。

ncar1

-

このリンクの組立て方を見ながら、ちびギアモーターに車輪をねじ止めします。

下の写真のように、1.4×6タッピングねじを電池ボックスの+極の穴に挿します。

このねじをギアモータの真ん中の取付け穴に挿して、ギアモータが固定されるまで、ねじ込みます。

もう片側のギアボックスは、上の写真のように、対照となる向きに取り付けます。

tc1s

-

電池ボックスを裏返して、電池の曲面を床に接触させて走行する事で、前輪キャスターを省きました。 できるだけタイヤの高さを低くして、方向転換時のガタツキを抑えます。 平坦な所で走らせれば、すばやく走行・旋回します。

tc2

-

電池ボックスの裏側が上面になり、なのぼ~どAGやちびでぃ~の等が搭載できます。

今回は、ちびでぃ~のProを裏返しにして搭載しています。

tc3

-

ちびでぃ~のProの抵抗やコンデンサーを下写真のように半田付けします。

10KΩ x 2, LEDは向きがあります。写真の下側が長い方のリード線(+)です。部品面の高さが低くなるように、横にして基板の端に取付けます。

tc4

.

裏面に0.1uF、100uF電解コンデンサ、 8MHzクリスタル、スライドスイッチ、ピンヘッダー、ピンソケットを取付けます。(下写真)
100uF電解コンデンサは向きがあります。写真の下側が長い方のリード線(+)です
ピンソケットをニッパーで4ピンに切ります。5ピン目の所にニッパーの刃をあてて切ります。
ピンソケットを同じようにして2ピン、4ピンに切ります。
ピンヘッダを15ピン、10ピン、6ピンに切ります。
写真のように取付けます。

tc5

-

1.7×6のタッピングねじを電池ボックス側から差し込み、上記写真の、基板の1.5mm取付穴2箇所にねじ込んで固定します。

tc7s

-

電池ボックスの電源線とピンソケット2ピンを写真の様にはんだ付け配線します。

端子部分をテープや熱収縮チューブ等で保護する事をお勧めします。

ちびでぃ~のProのピンヘッダに配線したピンソケットを差し込みます。

電源は、1.2Vのニッケル水素電池4本で4.8Vを供給します。 赤:5V、 黒:0V

tc6

-

モーターとピンソケット4ピンを写真の様に配線します  D7,8:モーター1 D9,10:モーター2

端子部分をテープや熱収縮チューブ等で保護する事をお勧めします。

モータはATMega8に直結で駆動します。

tc7

-

はんだ付け済み版も、上写真と同様に、ピンヘッダと電源・モータ端子間を配線します。

-超音波距離センサーを4ピンピンソケットに差し込みます。

これで、組み立ては完了です。

MPU ATMega8には、ブートローダーと迷路抜けスケッチが書き込まれています。

ニッケル水素充電池(1.2v)を4本電池ボックスに取り付けます。

スライドスイッチを基板内側にすると電源ONとなり、モーターが回ります。

距離センサーに手をかざすと、LEDが点灯して、少しバックしてから右か左に回転します。

ワイヤレスちびか~の続きは、前のページに戻って作業を続けてください。

-

以下は、ちびか~でのArdublockプログラミング方法です。

(ワイヤレスちびか~でもScratchに加えて、Bluetoothシリアル経由でArduinoIDEやArdublockからスケッチのアップロードが可能です)

-

USBシリアルモジュールをPCに挿して、Arduinoからスケッチをアップロードする

電源スイッチを切ります。

ちびでぃ~のpro に USBシリアルモジュールのコネクタを向きを間違えないように接続します。
写真のように端から、茶色(0V)、一つ空けて、赤(5V)、橙(RX)、黄(TX)、緑(DTR)
ケーブル端子の一つ空いている穴をふさいで置くと、誤挿入防止になります。

tc8

-

CH340USBシリアルモジュールのデバイスドライバーをPCにインストールします

ちびでぃ~のPROを、PCと接続してarduinoIDE環境で使う

ArdublockとArduinoやデバイスドライバを含めた全部入りのwindows用ファイルをダウンロードできます。任意のフォルダに解凍して、arduino.exe を実行します。

Ardublock単体をインストールする場合は、このファイルを解凍して、Arduinoフォルダの tools\ArduBlockTool\tool フォルダに置いてください。インストール例はこちらです。

ちびか~に出荷時に書き込まれている、Ardublockの迷路抜けスケッチは TIBIMO3.abp です。

Ardublock画面からloadボタンを押してこのファイルを読み込んでから、uploadボタンを押してちびか~のプログラミングができます。

以下の手順で、自分でプログラミングしてみましょう

・前後左右、停止のサブルーチン

・距離センサーが5cmになるまで前進

・距離が距離センサーが5cmになったら停止して、少し後退

・右か左を向く

tibimo3

__________________________________________________

__________________________________________________

One Response to “ちびか~V1.2にアップデートしました。作り方”

  1. [...] ちびか~は、V1.2にアップデートしています [...]

Leave a comment