スマホでリモコン ちっちゃいLEGOモーター  れごも

ちっちゃいモーターブロック れごも  を MFT2015でリリースしました

legomo1

-

LEGOで組んだメカに れごもをエンジンとして載せて、スマホリモコンで操縦できます。

legomosample

-

れごも は、AndriodスマホアプリからBluetooth経由で2モーターと3LEDをコントロールします。

2×4ポッチLEGOブロックのフレームにちびギアモータ、コントローラー、Lipo充電池を詰め込みました。

-

れごもキット を2000円で頒布はじめました

小型化のため、表面実装など上級向けです。作り方を見て作れそうか判断お願いします。

本Bluetoothモジュールは海外用です。国内では電波障害を起さない環境で使用願います。

-

使い方-

スイッチONの瞬間に全てのLEDが一瞬点滅します。

Lipoの充電は、スイッチOFFの状態でマイクロUSBケーブルから5Vを給電します。

iousb

充電電流は最大160mA程度、30分ぐらいで充電完了すると、3つのチップLEDが点灯します。充電完了するとLipo内臓のコントローラチップが電池を回路から切り離し、過充電から保護されます。

Lipo内臓の保護回路についてはこちらをどうそ

Andriodのリモコンアプリは,LEGOMO.APKをダウンロード、解凍、インストールします。

遊び方は、ぴこか~のページの末尾を参照してください。

-

Andriodのリモコンアプリを公開します。

アプリはApp Inventor 2で書きました。Scratchのようにブロックを積んでAndriodアプリが書けます。

App Inventor 2にimportできるプロジェクトファイルLEGOMOSRCはこちらです

legomo1

-legomo

-

●回路図

LegomoAll

__________________________________________________

2 Responses to “スマホでリモコン ちっちゃいLEGOモーター  れごも”

  1. [...] MFT2015に合わせて、れごも をなんとかリリースできました。 [...]

  2. こんにちは。
    完成品があるということで助かりました。
    ハンダ付けが苦手なので。
    これでApp Inventorで制御可能なロボットカーを
    手に入れることができます。
    今後ともよろしくお願いします。

Leave a comment