なのか~ の使い方

●なのか~の電源を入れて、Bluetoothのペアリングを行います。

デバイスの追加で、デバイスを検索して、

nanocar5

BTCOMデバイスを追加します。

nanocar4

パスコード”1234″を入力すると、デバイスドライバーがインストールされます。

nanocar3

“コントロール パネル\ハードウェアとサウンド\デバイスとプリンター”に”BTCOM”が追加されたら、クリックしてプロパティのハードウエアタブでCOM番号を確認します。

この なのぼ~どのデバイス番号を使ってScratchと接続します。

nanocar6

.

なのぼ~どAG の使い方を見てScratchソフトウエアをインストールして、なのぼ~どAGを接続します

.

動きのブロックの下方にモーター用のブロックが出てきます。

scratch_sensor4

モーターは、小さな黒三角をクリックして、2つ一緒か、どちらか一方の操作を選択できます。

scratch_sensor5

.

●簡単なスケッチを試してみましょう

スペースキーを押すと、なのか~が走ります。

scratch_sensor6

・スケッチを改造して、なのか~のリモコンを作ってみよう

・壁にぶつかりそうになったら、自動的にストップするように改造してみよう

・自動的に迷路をぬけるプログラムを作ってみよう

.

遊んだ後は、なのか~の電源を切る前にScratchを終了します。

Scratchの動作中に、なのか~の電源を切るとBluetooth通信が中断されるため

Scratchの操作ができなくなる場合があります。その際には、Scratchのウインドウを強制的に終了してください。

.

__________________________________________________

2 Responses to “なのか~ の使い方”

  1. [...] 次はなのか~ の使い方を見てください [...]

  2. [...] ●使い方は、なのか~ とほとんど同じです [...]

Leave a comment