ちびでぃ~のPRO168を頒布いたします。

Mega8ではコードが入らなかったり、Mega328より電力を減らしたいという声に応え、 コスト、実用性、省電力を追求した ATMega168PA搭載のちびでぃ~のPRO を頒布いたします。

価格、容量、省電力のベストバランス

●ちびでぃ~のPRO168 部品セット 420円

(ちびPRO基板、ATMEGA168PA,10uF,0.1uF,330(1K)x2,10Kx2,LED,6Pinピンヘッダ+16MHz水晶,10pFx2,tactSW)
表面実装ICのはんだ付けとAVR書込み作業が必要です。シグニチャはこちら

ちびでぃ~のPROの説明はこちら

頒布ご希望の方は、こちらの申し込み方法でお願いいたします

mega168paas

-

__________________________________________________

4 Responses to “ちびでぃ~のPRO168を頒布いたします。”

  1. 初心者のため愚問かもしれませんがPRO168にブートローダはどれを選択するのがいいのでしょう
    とりあえずAVR StudioでDiecimila.hexを書き込み動作確認はできました。
    このままがいいのかoptibootなどがいいのかご指南ください

    また、AVRISP mkIIでArduinoIDEからブートローダを書く方法もわかれば教えて欲しいです
    AVR StudioのドライバやArduinoIDEのフォルダにあるドライバ、libusb-win32をダウンロードもしましたが
    did not find any USB device
    と出て困っています

  2. ブートローダーとヒューズの情報は、boards.txtに記述されています。
    ブートローダーのバイナリは、
    ATmegaBOOT_168_diecimila.hex
    が一般的ですし、Optibootでもいいと思います。
    ヒューズ設定は、適切に書き込んでください。

    AVRISP mkIIは、使ったことがありません。
    別途電源を供給する必要があるそうです。
    WEBなどで、調べてみてはいかがでしょうか。
    ブートローダーのバイナリとヒューズを書き込めばいいので、
    ArduinoIDEから書き込まなけれないけない必然性は無いので、
    使いやすい書き込みソフトを使ってはいかがでしょうか。

    私は、ちびでぃ~の2にArduinoISPをアップロードしてライターにしています。
    書き込みソフトは、avrdude-GUI senshu LAB版を使っています。

  3. AVRISPは標準のライタだと思っていましたが
    使ってる人は少ないんでしょうかね

    PRO168にLCDつなごうと思ってますが
    回路図ではR/WはGNDとつながっているようですがテスタで反応しません
    私のハンダ不良などでしょうか
    またLCD電源は切り替えのジャンパピンを付けられるところがあるんでしょうか
    基板上に見つけられないので

  4. 純正ライターは割高なので、私の周りでは、高圧プログラミングは割り切ってHIDASPX,USBASP,ArduinoISPとかですませてるようです。

    基板に、べたアースを入れた改版時に、R/Wのパターンが消えていました、申し訳ありません。
    切り替えのジャンパピンは、実際には無く、配線で対応いただくようになっています。
    はんだ面は、べたアース、 部品面はべたVccになっていますので、LCDの電源ピンやR/Wピンに適宜接続してください。
    ピン近くのべたパターンのマスクを削ってはがして、ジャンパ線などで配線します。
    また、コントラストピンみ適宜電圧を加えてください。

Leave a comment