Scratch Day 2012 in Tokyo

2012年5月19日(土),20日(日)

@多摩センターのベネッセコーポレーション東京本部ビル

Scratch Day 2012 in Tokyo に出展します♪

SD2011Tokyo

MITが開発した、子供向けプログラミング環境Scratchが、リリース5周年を迎えました。

ちっちゃいものくらぶでは、昨年から、なのぼ~ど等を開発し、子供への敷居を下げる活動を行っています。

今回のScratch day 2012 in Tokyoでは、センサー入力だけでなく、モーターやLEDの制御もできる、なのぼ~どAGの紹介ワークショップこのハードを用いて活動している授業の紹介などが用意されています。

皆様のお越しをお待ちしています。

-

◎フィジカル体験 なのぼ?どAG ワークショップ

5月19日(土)  13:15-15:15 15:30-17:30

6階 604会議室  随時参加・当日受付

担当:青学有志 x ちっちゃいものくらぶ x OtOMO

概要:なのぼ?どがモータ制御も付いてパワ?アップ!なのぼ?どAGをつかって大人顔負けのフィジカルコンピューティングに挑戦します。
スクラッチに用意されている、モーターを回すブロック。WeDoの代わりになのぼ?どAGが使えます。しかも作動部分はレゴブロックが使えるので、ギアーやリンクも組み立てられます。
時々なのぼ?どAGについての解説を交えて、基本的には自由に遊んでみるワークショップです。

参加条件:小3から中3を主に基本的に自由

-

◎青山学院大学社会情報学部の講義~「動くおもちゃ」への創造空間~

5月20日(日) 10:10-17:00

13階大ホール ステージ右

(青山学院大学社会情報学部)
青山学院大学の社会情報学部では、レゴとscratchとなのぼ~どを使った「動くおもちゃ」を考案し、制作する実習講義が行われています。20日にはその実習講義の様子をポスターとして掲示いたします。受講生は試行錯誤を重ねながら、自分だけのオリジナル作品を生み出していきます。ぜひ、この創造空間に足を踏み入れてみませんか!お待ちしております。
-

なのぼ~どシリーズのご紹介

5月20日(日) 10:10-17:00

13階大ホール ステージ右

(ちっちゃいものくらぶ OtOMO)

国産のScratchセンサーボード、「なのぼ~どシリーズ」の作者によるデモ展示。

昨年から廉価なキット(1500円)を頒布開始し、何回かのOtOMOワークショップで多数の小学生が基板のはんだづけを行い、参加者全員が完成しています。

小学校の総合学習や課外活動にて使われており。今年に入って、モーターや発光ダイオードの制御を追加した強化版を開発、現在、大学や中学で、Scratchによるフィジカルコンピューティングの授業で使われ始めました。

都内公立中学技の術家庭科での実践についてもご紹介します。

-

__________________________________________________

Leave a comment