ちびでぃ~の2 基本キット 頒布始めました!

おまたせしました~

ちびでぃ~の2 基本キットを 送料込み1,000円で頒布いたします

MTM07でも頒布する予定です

Arduinoに慣れてきたユーザーさん、ちょっとはんだづけをして、作品をつくりましょう♪

表面実装部品は実装済みなので、リード部品を間違えないようにはんだづけすれば、

そんなに難しくありませんよ~


基本キットは、Arduino Duemilanove互換機能部分となっています。

拡張機能の、LCDコネクタや、2つ目のUSBコネクタ等は追加オプションとして、近日中に頒布予定です。

作り方は、こちらをどうぞ

-

基本キットの部品

chibi2b-partss

-

基本キット組み立て後

ちびでぃ~の2 基本キットの組立完成状態

__________________________________________________

13 Responses to “ちびでぃ~の2 基本キット 頒布始めました!”

  1. こんにちは。先日送っていただいたちびでぃ?の2作っています。小さな事ですが、、

    >・47uF(33uF)電解コンデンサ、LED
    >47uF 電解コンデンサ 極性あり、 長い線が基板シルクの白丸(+側)
    >3mm高輝度赤色LEDは極性あり、長い線が基板シルクの白丸(+側)

    47μのコンデンサの極性は基盤シルクの白丸(写真では右側)がマイナス側ではないかと思います。(画像ではchibi2bs1.jpgとchibi2bs11.jpgでコンデンサの向きが逆になっています。ロットによって違うなら失礼しました)

    作ってみるといろいろな工夫が見つかり、たまにはキット作りも楽しいものだなあと感じました。開発は大変でしょうがどうぞ続けてくださいね。

  2. 写真の修整がちゃんとしてなくて、ごめんなさい。
    さっそく、写真を張り替えました。

    また、ご感想いただき、ありがとうございます。
    市販品では、いろいろ不満があったので、その想いを盛り込んでみました。
    次のバージョンも進めていますので、また試してくださいね~

  3. [...] 基本セットに下記パーツを追加、ちびでぃ~の2全機能が使えます。 [...]

  4. LCDスケッチのエラーです。

    #include “WProgram.h” // needed for IDE to understand a “byte”!

    “WProgram.h”が見つかりません
    よろしくお願いします。

  5. arduino IDE 0023で動作確認しています。
    arduino IDE 1.0は、未確認です。

  6. #include “WProgram.h”がエラーになる件ですが、
    ネットで検索すると、arduino IDE 1.0 では、”WProgram.h”を
    “Arduino.h”に変更するといいとありましたので、それで回避できました。
    スケッチも.pdeから.inoになるみたいですね。
    arduinoは世界中のノーハウが使えるからすばらしいですね。
    まだまだ勉強中…

  7. RxとTxの抵抗ですが、330に変更したとのことでしたが書き込みできませんでした。持っていた1kに変えたらちゃんと書き込むことができました。一応報告しておきます。

  8. 書き込めなかった時の330Ω抵抗が壊れていませんでしたでしょうか?
    この保護抵抗は、通常動作時には不要なもので、0Ωでも動作します。
    逆に高抵抗だと、高い周波数のデータが化けてしまうようになります。
    1KΩだと書き込みが不安定という情報が寄せられたので、対策として330Ωに変更しました。

  9. 先日Maker Faire 2014で展示品を売ってくださいましたが、Board Arduino Unoを選んだ場合、書き込み中に
    avrdude: Expected signature for ATMEGA328P is 1E 95 0F
    Double check chip, or use -F to override this check.
    が出て失敗しました。
    見てみたら、ChipはATmega328ではなく、ATmega8でした。
    ATmega8なので、Arduino NG or older w/ ATmega8 を選んでみましたが、
    avrdude: stk500_program_enable(): protocol error, expect=0×14, resp=0×50
    が出て失敗しました。
    このままの状態で使えるようにする方法ありますか?
    それともChipを変えなければいけませんか?

  10. boards.txtに下記を追加して、
    「chibiDuino pro ATmega8 16MHz 115200 optiboot」を試してみてください。
    お手数おかけして、すみません

    ##############################################################
    atmega8o.name=chibiDuino pro ATmega8 16MHz 115200 optiboot

    atmega8o.upload.protocol=arduino
    atmega8o.upload.maximum_size=7680
    atmega8o.upload.speed=115200

    atmega8o.bootloader.low_fuses=0×9F
    atmega8o.bootloader.high_fuses=0xDC
    atmega8o.bootloader.path=optiboot
    atmega8o.bootloader.file=optiboot_atmega8o.build.mcu=atmega8o.hex
    atmega8o.bootloader.unlock_bits=0×3F
    atmega8o.bootloader.lock_bits=0×0F

    atmega8o.build.mcu=atmega8
    atmega8o.build.f_cpu=16000000L
    atmega8o.build.core=arduino
    atmega8o.build.variant=standard
    ##############################################################

  11. 教えて頂いた手順でうまくいきました。
    どうもありがとうございました。

    ついでに質問させてください。
    ATmega328 を挿した場合、Arduino Uno を選ぶのが正しいでしょうか?

  12. board.txtの bootloader.file= に記述されたブートローダがATMEGAチップのフラッシュに書き込まれている必要があります。
    書込済チップも市販されてます。

  13. 迅速なご回答ありがとうございます。
    理解しました。

    LCD と繋げてサンプル chibiduino2_LCD を無事動かせました。
    上の poki1 さんの書き込みを参考に
    #include “WProgram.h”
    をコメントアウトして、拡張子を ino に変えれば、最新の Arduino IDE でも使えます。

    初心者にとっても使いやすいキットです。

Leave a comment