なのぼ~ど でarduinoプログラミング

Arduino環境で、なのぼ~どを使ってみましょう

1) Arduino Environment をダウンロード、解凍します。

2) arduinoフォルダの中にある、hardware\arduino\boards.txt の末尾に下記を追加します。

###########################################

# Optiboot Arduino support
# http://optiboot.googlecode.com
# Peter Knight, 2010

atmega8o.name=[Optiboot] Arduino NG or older w/ ATmega8
atmega8o.upload.protocol=stk500
atmega8o.upload.maximum_size=7680
atmega8o.upload.speed=115200
atmega8o.bootloader.low_fuses=0xbf
atmega8o.bootloader.high_fuses=0xdc
atmega8o.bootloader.path=optiboot
atmega8o.bootloader.file=optiboot_atmega8.hex
atmega8o.bootloader.unlock_bits=0×3F
atmega8o.bootloader.lock_bits=0×0F
atmega8o.build.mcu=atmega8
atmega8o.build.f_cpu=16000000L
atmega8o.build.core=arduino

##############################################################

3) なのぼ~ど とパソコンのUSBポートを接続すると、なのぼ~ど のLEDが点灯します。

4) Arduinoプログラムを起動します。
Tools ? board プルダウンメニューから[Optiboot] Arduino NG or older w/ ATmega8”を選択。
Tools ? Serial Port プルダウンメニューから、なのぼ~ど のポートを選択。

5) 試しに、サンプルのBlinkを読み込みます。
File ? Examples ? 1.Basics ? Blinkを選択
アップロードすると、なのぼ~ど のLED(D13)が点滅します。
これで、動作確認は完了です。

Scratchで使う場合は、フォームウエアをアップロードして元に戻しておきましょう。

-

__________________________________________________

Leave a comment