ガイガーカウンタキット Geigerduino standard 頒布はじめました

大変おまたせいたしました!

Arduinoシールド互換のガイガーカウンタキット Geigerduino standard頒布を開始いたしました

geigerduinostdlcd3s

Arduinoサイズの基板に、 ATMEGA328, USBシリアルインタフェース、LCDコネクタ、GM管インタフェースを凝縮し、フリースペースも確保しています。
Arduino互換なので、ソフト(スケッチ)の機能拡張や シールドによるハード機能拡張が行えます。

geigerduinostdlcd2s

Geigerduino standard(GM管: SBM-20付) キット  送料込み 12,000 9,500円

Geigerduino standard GM管無し キット? 送料込み 6,500円

お申し込みは、こちらからどうぞ

-

__________________________________________________

5 Responses to “ガイガーカウンタキット Geigerduino standard 頒布はじめました”

  1. Arduinoシールド互換のガイガーカウンタキットを配布してもらい無事完成出来ました。ありがとうございました。
    ランタンのマントルで反応しているので問題ないと思います。
    できれば液晶表示の4つの数値とバーの説明が有ると嬉しいのでしが。
    Arduinoはこれから勉強していろいろためしてみます。

  2. ガイガーカウンター Geigerduino standardのページに
    http://tiisai.dip.jp/?page_id=1054
    解説と、arduinoスケッチを掲載しましたので、ごらんください。

  3. 頒布いただいたキットは無事動作いたしました。ありがとうございます。
    さっそく SBM-20 向けに uSv/h 表示など可能なスケッチを作成してみましたので、公開いたしました。どなたかの参考にでもなれば幸いです。

  4. スケッチを公開いただき、ありがとうございます♪

    皆さんも、お作りになったスケッチを公開してみませんか?

  5. Geigerduino standardではないのですが、自作duino+J408+液晶なので、
    スケッチ参考になります。ありがとうございます。(便乗しちゃいました)

    ちなみに、SOEKS-01M(1.CL)では、SBM-20-1は150cpm/μSv/hで計算さ
    れていますね。基本的に同じ管だと思います。イギリスのSOEKSのサイトFAQで
    は、Cs137校正といっていて、この換算値です。ご参考まで。

    J408のCs137感度がわからない。。。

Leave a comment